サクラ
f0204561_2354274.jpg活動先のチェンマイ少年の家の子どもたちが口にする
「サクラ」という言葉。


1つには
もちろん「桜」。
タイの子どもたちの中の「日本」のイメージとして
「桜」というキーワードがしばしば出てくる。


もう1つ。
推測するに
「(日本人的な)色白な若い女性」
というスラング的な意味があるらしい。

子どもたちに
「サクラの写真を見せて」
と言われていたので

「桜」の画像を見せたら
拍子抜けて満足に至らない表情をする子どもたち。

しばらくそのままデジカメ画像を再生し続けて
「これがサクラだよ!きれいでしょ?」
と目を輝かせて示したのが

こないだ撮影したカーオニヤオ美女(過去記事『カーオニヤオ』参照)だったわけで。

なるほどそういうことか。

というか
子どもたちデジカメ画像にかぶりつき過ぎ。

デジカメに興味があるのと
きれいな若い女性に興味があるのと
外の世界に興味があるのと

そんないろいろ興味のある要素が混じり合って

あっという間にこんな状態。

まったく
仕方ないくらい女好きなオトコ連中です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-07-11 01:25


<< オメデタ産休 広告チラシに釘付け >>