住めば都
f0204561_119564.jpg青年海外協力隊として
タイに派遣されて1年経過。

自分にとって初めてのタイだったので
派遣当初はどうなることやら。

1年過ごしてみて
タイでの生活もすっかり板に付き始めたころか。

よきも悪きもいろいろありまくるけど
おしなべてタイでの生活は快適。

さすがに事故やけがなどトラブルに遭った時は海外にいる不安があるけど
そういうのも意外になんとかなる。

f0204561_1254420.jpg「住めば都」と言うけれどまさにその通り。

と言うか
人間どこでもどうにかして生きていけるもんだ。

とは言え
特にここチェンマイは
のんびりと時間を過ごすことができるのがお気に入り。

もはやここが外国であるという感覚はなく
ずっと前からここにいたような感じ。

周りがタイ人だとか自分が日本人だとか
そんな感覚は意外に感じない。

f0204561_12726100.jpgあ、でも
タイ語通じないときは困る。大いに困る。

しかし
不自由に感じるがなんとかなる。なっちゃってる。

だから
タイ語が上達しない。

これじゃいかんの分かっているがなんとかなる現状に甘えている。


f0204561_1275157.jpgボランティア活動であーだこーだ考える必要がなければ
もう少し良心的な気候であれば

この上なくサイコー。

遠い将来にここでロングステイなんてことも考えようか。


あ、でも、やっぱり。
それでも一番好きなのは日本。

なんだかんだ言っても
これは絶対。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-06-21 21:33


<< ボランティア報告書 第3号 子どものあるべき姿は >>