テレビ脳
f0204561_1175022.jpg自分が主に活動の場にしている
活動ホールの奥側にはテレビが置かれている。

休日ともなると
子どもたちは街頭テレビのごとく群がる。

1日中テレビつけっぱなしで
ボンヤリとした顔で口をポカーンと開けている
テレビにクギ付け。

着々と「テレビ脳」がつくられている。

テレビ中毒によって「テレビ脳」に蝕まれた子どもは
  思考力の衰弱
  集中力低下
  言語能力の低下
  コミュニケーション能力の低下
  集団行動の欠如
  などなど
テレビの悪影響は大きいようで。

言うなれば「テレビ脳」というのは
「脳が死んでいる状態」というのは極端かな。

脳や心の発達にこの時期に
「テレビ脳」に蝕まれつつある子どもたち。

少なくとも
自分の活動はテレビよりは
「脳」にやさしい活動であると思うのだが。

自分としては活動の場にテレビがあるので
テレビに子どもたちがすっかりさらわれてしまうのが厄介なところ。

テレビに負けてる自分。

自分が派遣されるよりテレビが寄贈された方が
ここの配属先としてはありがたいんだろうなぁと。

皮肉と自虐です。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-06-05 23:50


<< ゲーム脳 メダルづくり >>