メダルづくり
f0204561_234655100.jpg来週、活動先チェンマイ少年の家で
子どもたちの運動会が行わる予定。

その準備としてメダルづくり。

直径5、6センチに厚紙と金・銀・銅の色紙を丸く切る。

厚紙には硬貨をテープで張り付けて
メダルの中に賞金として入れる。

金メダルには20バーツ(約60円)。
銀メダルには15バーツ(約45円)。
銅メダルには10バーツ(約30円)。

日本円にしてみると少額だけど
ここの子どもたちにとってはかなりのお金。

今度の運動会は
賞金レースの様相を醸し出しそう。

ニンジンぶら下げられた競走馬のごとく
子どもたちが目の色変えての真剣勝負が繰り広げられるだろう。


ハサミでチョキチョキと丸く切りまくった後に
他のスタッフがお金を張り付けた厚紙を受け取って
それぞれの色紙を合わせてホッチキスでパチン、パチン、パチン、パチン、パチン。
紐を付けてホッチキスでパチン、パチン。

とにかくハサミでチョキチョキ切ってはホッチキスでパチン。

金メダル100個。
銀メダル100個。
銅メダル100個。

全部で300個!

ずーっとこの作業に没頭集中。
こういう単純作業の繰り返しも嫌いな方ではない。

キレイに仕上がりました!

子どもたちがこれに首を通したときに
このメダルは一段と光り輝くのかな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-06-04 23:22


<< テレビ脳 ペットボトルのキャップで足し算練習 >>