指笛
f0204561_23541944.jpg昼食を待つ食堂で
自分が呼ぶ声が近づき
見て見てと声をかけてくるある1人の子ども。

おもむろに両手の人差し指と中指をくわえ

ピィィィーーーィィッ!

と指笛で甲高い音を奏でる。

おー!すげー!と感心して
もう1回やってみてというリクエストを何度も乞う。

その度にうれしそうに得意げに
ピィィィーーーィィッ!という音がこだまする。


自分も真似して実際やってみたが
息が漏れる音しか聞こえない。

無理かなとあきらめようと思ったが
子どもたちを前にあきらめる姿は見せたくない。


そんなワケで
子どもたちとの活動の傍らで
スキマ時間を見つけては合間にちょいちょい特訓。



夕食を待つ食堂で
今度は自分が彼を呼ぶ。

ピィーーィ!という音が自分の口から放たれる。

なんとか指笛を吹くことができた。

すると彼もどうだとばかり負けじと
ピィィィーーーィィッ!と指笛を吹く。

いやはやまだまだ彼には遠く及びませんわ。
これからもっと練習しよ。上手になろ。

指笛を教えてくれた彼のちょっとした笑顔。
ちょっと嬉しそうで誇らしげに見えた。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-05-04 23:52


<< 網戸の張り替え ドロップインセンター >>