真っ白な寺院
f0204561_2312569.jpgタイ極北部 弾丸日帰りツアー。

まずはチェンマイからチェンライへ。

ワット・ロン・クンという寺院。

一般的にタイの寺院と言えば
煌びやかに輝いていたり
色とりどりのモザイクで装飾が施されたりしているが

このワット・ロン・クンは
そのタイの寺院のイメージを覆す斬新なデザイン。

とにかく真っ白。
底抜けに真っ白。
ひたすら真っ白。

白一色の寺院は異色ではあるが
それだけに奇抜な特徴でもあり
とても見応えがある。

先端部がツンツンしていて
細部まで細やかにこだわりが見られる。

遠くから全体を見ても魅了され
近くから細やかに見ても魅了される。


f0204561_23141751.jpg本堂への入り口の通路の足元には
無数の手が気色悪く伸びていて
まるで地獄を通り抜けているように感じる。

それを通るとそれと対照的に
白く輝く寺院の本堂が天国のよう。


この煌々と輝く純白の寺院は
タイの有名な芸術家が建築に携わり
現在もまだ建築中。
完成まではまだいくらかの年数を要するという大作のよう。

灼熱の太陽のもと
ワット・ロン・クンはますます白さを増しまぶしく輝く。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-04-05 23:27


<< ゴールデントライアングル ボトルで的当て >>