折り紙
f0204561_1102436.jpg子どもたちと一緒に折り紙をする。

これが自分が思った以上に子どもたちの食い付きがよい。


折り紙がなんとか完成したときの
子どもたちの満足そうなうれしそうな顔に胸キュン。


子どもたちも自分たちが作ることができる折り紙を教えてくれる。

実にうれしそうに誇らしげに。


その一方で
折り紙で浮き彫りにされた子どもたちの課題。

まず不器用。
というかテキトー。
きちんと紙の端を合わせてしっかり折るってこと
つまりゆっくり丁寧に取り組む姿勢を身に付けよう。

あとは指示を聞かない、手本を見ない。
話が聞けるかどうかの基本的なことを身に付けよう。


折り紙ひとつをとっても
子どもたちの課題克服のためにしっかりとしたねらいのある活動になる。
 「丁寧に取り組む姿勢」
 「指示をしっかり聞いて理解する」

もちろん純粋に「楽しむ」ことが一番大事。


自分も折り紙のレパートリーを増やさなきゃ。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-02-13 23:01


<< ジグザグドリブルからシュート バレーボールのネット >>