私事目的任国外旅行 制度改正
私事目的任国外旅行制度とは
長期ボランティアが私事目的で休日や配属先の有給休暇の範囲内で
自費により受入国外へ旅行することができる制度。

渡航可能な対象国は派遣国の近隣国に制限されていて
自分の派遣国であるタイの場合は以下の国が対象。

カンボジア
インドネシア
ラオス
マレーシア
ミャンマー
シンガポール
スリランカ
ベトナム


そして旅行日数は
派遣期間2年間で20日を上限とする。

というのがこれまでの制度のおおまかなところだった。


これが私費一時帰国制度の見直しにより
本邦への一時帰国の要件が大幅に緩和され、
私事目的任国外旅行の対象国として
日本が追加された。


また
20日/2年だったのが20日/年に変更され
1年目で未使用の日数のうち10日までは次の1年に繰り越し可能に。


つまりこの変更により
1.申請して承認されれば日本への一時帰国が可能になった
  →せっかくだけど自分は一時帰国しないつもり。
    任期満了で帰国する感動が薄れてしまいそうだから。

2.任国外旅行の日数が大幅増
  →ちょっとごほうび的な楽しみが増えた感じ。
    渡航計画も余裕を持って考えることができそう。


いずれにしても
今回のこの変更は少なからず驚きました。
他の隊員はどうだろう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2010-01-11 20:21


<< 職員親睦運動会 シューティングの行列 >>