女子高生@プレー
f0204561_022336.jpg日本語教師隊員の活動先の学校で行われる日本語キャンプのためにプレーへ移動。

しかしうっかり勘違いで日程1日早く来てしまったわけで。

せっかくなのでこの空白の1日を
日本語教師隊員と一緒に活動先である学校へお邪魔することに。

学校へ到着すると朝礼が行われていて

ざっと見た感じ生徒の男女比率では圧倒的に女子が多く感じる。

しかも多くの女子のちらちら自分の方を振り返る注目をちくちく感じる。

同じ職種の日本語教師隊員が学校に来ることはあるが
そのほとんどは女性陣。

彼女らにとって日本人の男性は目新しいということもあるのだろう。

せっかくの機会ということで
授業の代わりに自分と日本語で会話。

女の子ばかり。
黄色い声が飛び交う。

特にへぇ~って思ったのは
庭の花を見て率直にキレイという女の子たち一同。
自分の活動先の男の子たちにはない可愛らしい感性。

そんなこんなで
彼女たちの勢いといったら何と言っていいもんやら
とにかく圧倒されっぱなし。

ふだん男の子だらけの施設にいるものだから
なんだか新鮮なようで
でもちょっと慣れなくてぎこちなさがバレないようにする自分。



いつもとは別世界に飛び込んだようでした。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-12-18 16:13


<< 日本語キャンプ@プレー 日程を勘違い >>