シンガポールからの修学旅行
f0204561_1172216.jpgここチェンマイ少年の家に
シンガポールからの修学旅行団が訪問。

高校生30-40人くらい。
引率教員8人くらい。

もちろんチェンマイ観光もするのだが
ここではおそらく子どもたちとの交流活動が主な目的のよう。

施設を見学したり
子どもたちと一緒に遊んだりしていた。


ちなみにシンガポール人はタイ人に比べて
メガネ装着率が高いことに気がついた。
日本人並み。

そう言えばタイの人ってあんまりメガネしないような…。


ところで

シンガポールでは公用語は英語。
当然タイ語は理解できない。

そこで自分が英語を話せるとバレると
引率教員が自分に施設についての英語で質問してくることも。

一方チェンマイ少年の家の子どもたちの方も英語で訊ねられても
「何言ってるか分かんなーい」って状態で。

カンタンな英語とカンタンなタイ語の即席通訳として
タイとシンガポールの子どもたちのほんのちょっとした仲介役になってた。

でも難しい。

英語で話しをしている中でも
ついついタイ語の方が出てしまうことが多くて
もう苦笑いしちゃうくらいごちゃごちゃだった。

たぶん脳内のタイ語と英語のそれぞれのスイッチを
混同して押し間違えちゃうんだろうなぁ。


もちろん日本語スイッチは押し間違えることはないけど
最近はもっぱら内的言語としてしか使用していない現状。


ポチッとなぁ~。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-11-21 22:13


<< 交通事故! 父親のキモチ >>