木登りの達人
f0204561_9182686.jpg子どもたちがマカムと言う果物を
施設内に育っている高木を登って採ってきてくれる。

タマリンドというものでタイ北部の代表的な果樹。
強い酸味が特徴でビタミンやカリウムが豊富。

食べてみると
ホントにパンチの効いた酸味。

「おいしいね。ありがとう。」と子どもに伝えると
「マカムが好きなんだね。」と確認してくる。

すると
よしきた!とばかりに
またマカムの下に連れてきて
ひょいひょーいと上まで登っていく。

ここの子どもたちは木登りがすごく上手。

なるほど。

マカムの酸味のきいた味が好きというよりは
子どもたちのサービス精神旺盛なこの心意気を感じて
マカムを好きになったんだろうな。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-11-16 21:14


<< 一方通行 バンコクのスラム街 >>