長縄ジャンプ
f0204561_13182621.jpg長縄跳びに挑戦。

子どもたちがどこまでできるのか実力を見てみると
これが予想以上に不器用でできない。

タイミングを合わせられず
あえなく縄の餌食になってしまう。

まず大波小波で飛んでみたり
回る縄を駆け抜けてくぐり抜けてみたり
スモールステップで少しずつ練習。


  ひとりずつ順番に入っていく方法

  数人(5~10人くらい)同時に飛ぶ方法


いろいろな方法で長縄跳びを楽しむ。


本当のねらいは「楽しい」の先にあるもの。

参加者全員が上手く跳ぶことで
子どもたちの中での「一体感」を感じるのではと願うばかり。


みんなで楽しく練習していけば
回数こなしていくうちに体で覚えて上達していきます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-10-11 22:05


<< 冷蔵庫の悩ましいため息 予防接種に戦々恐々な子どもたち >>