ジョーントーング家庭訪問
f0204561_23462658.jpgかつてチェンマイ少年の家に在籍していた少年の家庭へ
カウンターパートと同行。

チェンマイ市内から西へ50キロ以上離れたところにあるジョーントーング地区。

左の彼は16歳の少年。
見た目で分かるようにガットゥーイ(オカマちゃん)である。

父親の左腕が不自由なこともあり
家族の収入が十分でなかったのも
施設入所の理由であったが

それ以上に

友だちなどからのひどいいじめ、虐待があったらしく
服薬が必要なほどの恐怖症にさいなまれていたために
一時的なシェルターとして入所していたようである。

現在では家族とともに生活を過ごしているが、
当時の彼の取り巻く状況を聞くと
改めていじめ・虐待の残虐性を感じさせられました。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-24 22:36


<< 元数学教師のアメリカ人 ボランティア報告書 第1号 >>