太陽と地球の距離感
f0204561_21412715.jpg人間関係においてお互いの距離感って大切。

自分の理想としては
例えて言うなら
太陽と地球のような絶妙な距離感。


火星や木星などのように
遠く過ぎてはよくないし

だからと言って
水星や金星のように
近ければいいってわけでもなく

近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離感。

この距離感がムズカしい。

こうしてみると地球って改めてスゴい。
ホントかけがえのない奇跡の星。


子どもにとって太陽みたいな存在
・・・てのはさすがにちょっと言えないけど

ときにたのしく
ときにやさしく
ときに甘えさせ
ときに厳しく。

自分とここの子どもたちとの距離感も
お互いつかめ始めてきたかな。

子どもそれぞれによっても
求める距離感って違ってあるから。

ここの子どもたちには家族から離れて生活している分
自分とは地球よりちょっと近めの距離感の方がいいのかも。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-09-15 21:35


<< フラッシュ百まい計算 子どもたちの休日自由時間(2) >>