自分のいいところ、よくないところ
f0204561_1294892.jpg自己紹介を少し背伸びをさせた感じの
自己分析めいた簡単な活動を子どもにしてみました。

紙に自分の全体の姿をお絵かき感覚で描くようにすると、
タイ人のイラストのタッチの違いを感じさせる。

タイでも人気のドラゴンボールの影響なのか
なんだかスーパーサイヤ人っぽいのがチラホラ。

描いた自分の姿の左側に自分のいいところ、
右側に自分のよくないところをそれぞれ箇条書きで書かせてみる。

例えば「いいところ」では
  ・やさしい、勤勉
  ・友だちの手助けをする (けっこう多かった)
  ・まじめに勉強・宿題をする (これも多い)
  ・好き嫌いなんでもおいしく食べる
  ・ゲームで遊びすぎない
  ・タバコを吸わない (未成年だから当たり前です!)
・・・などなど。

「よくないところ」では
  ・ゲームばかりしてしまう (一番多かった)
  ・怒りっぽい、友だちとケンカする
  ・あまり勉強しない (宿題はするけど必要以上はしないみたい)
  ・朝早起きが苦手
  ・考えすぎる (悩みがあるのかな?)
  ・友だちのものを盗ってしまう (コラッ!)
・・・などなど。

何人か取り上げて全体の前で簡単に発表させる。

しっかり自分のことが分かってるみたい。


こうやって改めて自分をじっくり見つめ直す機会を与えるのは大事。


あと友だちが本人が思っているのと他に違うよいところを理解してくれているのを知ることは
その本人にとってさらなる自分の発見になったり喜びや自信になったりするんだけど
その活動は子どもたち同士の人間関係を見ながらまたの機会にしよう。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-08-08 21:56


<< 天然芝のサッカーグラウンド ボクの名前、日本語でどう書くの? >>