OV DAY 国別任国事情
ボランティアの活動、現地の生活の様子などについて
ボランティア経験者から情報を得る。

派遣国のOV(帰国ボランティア)を講師として招き、
実際の活動を通して参考になるポイント(活動上の注意点、配属先との関係)、
語学(勉強法、コミュニケーション)、生活環境(住居、危機管理、病気など)
について理解を深める。


設定された時間以外にも、
夕食時間やその後の意見交換の時間にも自由に質問をしていきました。

実際に任国で生活や活動をしたOVからの「生の情報」は、
インターネットや紙などの情報からは得難いものがありました。

これから自分が何をすべきか、
派遣される実感も湧いてきます。

任期満了で帰国されたOVの話や説明を聞いてみると、
やっぱりどこか満足感や自信があふれた表情を見せてくれます。

とてもいい経験をされたのだなぁとうらやましく思う一方で、
これからたくさんの経験ができる自分たちをうらやましく思われました。


それならそうと、

誰もできないかけがえのない経験をたーくさんしてきます。
[PR]
by satoshi_0813 | 2009-05-15 23:20


<< OV DAY 職種別 突如のスランプ >>